サマイバーS(差枚数カウンター)    ※特許第4756222号 取得

 差枚数カウンター『サマイバーS(差枚棒)』 特価¥2200
                      
 +99999〜−99999枚までカウント可能!

 
明るく見やすいLED表示部と一体型の本体



 <差枚数(収支)カウンターです>
  メダレスジュニアで投入した枚数とスロットが払出しをした差枚数を+99999〜−99999枚までカウントして表示します。
  
  サマイバーSとサマイバーPの使い分け方として、サマイバーSはスロット台に固定で取り付けて台単位の収支表示となり、
  サマイバーPは台を移動しての個人単位での 収支表示となります。
  別売の拡張コネクター分配アダプターを使ってサマイバーSとサマイバーPの同時接続も可能です。
  
  リセットボタンはメダル不要装置に接続するコネクター部にあるためスロット台の内側に設置されますが、オプションの
  リセットボタン延長ケーブルを使う事により、リセット時にドアを開けなくてもスロット台の外側からリセットを行う事もできます。

 <今お使いのデータカウンターと併用できます>
  接続は、メダレスジュニアの拡張コネクターを使用しますので、今お使いの外部集中端子板を使用するデータカウンターを
  そのままお使いいただけます。

 <スポットカウンター機能搭載>
  リセットボタンの短押しで、任意の期間の差枚数をカウントするスポットカウンター機能が動作できます。

 <自由度の高いセッテングができるリセットボタン分離設計>
  表示部とリセットボタンとが独立していますので、通常操作時に手の届かないスロットパネル内部にも設置ができます。
  リセットボタンは、ドア内部のメダル不要装置との接続部にあります。

 <不揮発メモリー搭載>
  カウントされた値は、常に不揮発メモリーに記録されていますのでスロット本体の電源をOFFにしても次回起動時に
  前回からのカウントからスタートできます。リセットボタンで0(ゼロ)にリセットできます。


 <ご注意点>
  数値が変化してから6秒間は、誤動作防止のため書き込み保留中となりスロット本体の電源をOFFにできません。
  (書き込み保留中にスロット本体の電源をOFFにした場合は、直前の数値に戻ります。)

 サマイバーS 特価¥2200   販売完了いたしました。
 

 

 サマイバーS リセットスイッチ延長ケーブル50cm 価格 ¥500 ご購入数量  
『 サマイバーS 』 仕様
  対応機種:メダレスジュニア 拡張コネクター@を使用
  カウント桁数:5桁
  表示方式:99999〜−9999 −10000から−99999までは、9.9.9.9.9.とドット表示     
  スポットカウント桁数:9999〜−9999
  データ保持機能:不揮発メモリによる記憶 記憶時間:約10万時間
  接続ケーブル長:1m 本体サイズ:幅13mm長さ80mm厚さ9mm 本体重量:約15g
  本体保証期間:1年間

  ※リールパネルとリールとの隙間が10mm以上無い機種の場合は、リールパネル内には設置できません。
  
※メダレスジュニアオプションの外部ベットボタンとは、接続に同じ拡張コネクター@を使うため併用はできません。
  拡張コネクター分配アダプターを使用する事で本機とサマイバーP及び外部ベットボタンの同時使用が可能です。  
 

「メダレス」「データキング」「サマイバー」はスロテックの登録商標です。
トップ ご購入方法 事業所概要 お問い合わせ